女性を虜にするセーラームーン展

私は先日、六本木ヒルズで開催されている「セーラームーン展」に行ってきました。
セーラームーンは、子どもの頃から大好きな作品で、私にとっては永遠の憧れでもあります。
展覧会では、書き下ろしイラストや今まで販売されたオモチャなど、ファンにとっては嬉しい品がたくさん展示してありました。
パネルと写真を撮ったり、美しい原画を見たり、充実した時間を過ごすことができます。
私が特に感動したことは、来場者です。
10代後半から30代の女性が圧倒的で、外国人女性も多く来ていました。
セーラームーンのアニメが放送されていた当時は、ネットやSNSはありませんでした。 “女性を虜にするセーラームーン展” の続きを読む

ワールドトリガーは最高

少年ジャンプにて連載している「ワールドトリガー」は面白い漫画です。
ストーリーは異世界から侵攻してきたネイバーと呼ばれる異星人に三門市と言う都市が襲われていました。
ネイバーに軍なども攻撃しますが全く歯がたたずに諦めていると、ボーダーと名乗る者たちが現れ人々を守ります。
やがてボーダーは人々にとって大きな存在になり組織も巨大になりました。
そして主人公である三雲修がボーダーに入隊し正規隊員を目指します。
ある日、三雲は自らをネイバーと名乗る少年と出会います。
それがもう一人の主人公である空閑遊真でした。
空閑はボーダーが使う武器トリガーとは全く事なる黒トリガーを使う猛者でした。
しかも空閑の父親はボーダー創設者の一人である空閑遊吾でした。
そんな事から空閑もボーダーに入隊し、三雲率いる三雲隊のエースとなります。
しかし、ボーダーはネイバーから守る為の組織となっている為、隊員の多くはネイバーに恨みなどを持っていました。
その為、空閑の入隊が非難される事も多々ありましたが空閑の強さと人柄に圧倒された隊員たちは彼を認める様になっていきます。
そして三雲と空閑はボーダーのトップを目指していきます。
この漫画はただの戦い漫画ではなく、仲間との友情を一番に描いており、好きな漫画の一つです。