どんな歯でも白くすることができるのか?

ホワイトニングは歯を白くするために美容にはかかせない1アイテムとして確立されてきています。
そんなホワイトニングですが、どんな歯にもホワイトニングをすることは可能なのでしょうか。

基本的にはホワイトニングする歯、つまり変色した歯はどんな歯でも可能です。
生きている歯でも、神経を抜いた歯でも削ることなく白い歯によみがえらすことが可能です。

ホワイトニングの特徴としては、全ての歯をホワイトニングすることはもちろん可能ですが、
1本の歯だけとか一部分の場所だけの歯とか、1本の歯の部分的な部分のみを白くすることも可能なのです。

ただし、ラテックスによるアレルギーがある人や知覚過敏が激しい人、
妊娠中、搾乳中の人には対処が無理なことと、エナメル質の形成不全症の歯、エナメル質に亀裂のある歯、
象牙質が露出している歯などにはホワイトニングの対応はできません。

いずれにしても、特殊な事情や状況にない限りはホワイトニングはどんな歯にも可能であるといえます。
ただし、白さの度合いは個人差が出ること、白さにも元気があることはある程度理解しておくことが必要です。
歯を白くする歯磨き粉 口コミ