お母さんとアウトレットモールへ行きました。

私は前月に今までの将来ではじめて、正規のブランド店先が沢山入っていて、埼玉県のヒューマンにある巨大なアウトレットモールへ肉親と行きました。
色々なブランドもののグッズを曰く付き価格で安くゲットしたのですが、その嬉しかった話を現在お家へ帰った際にお母さんに話しました。
するとお母さんは食い入るようにその話を真剣に聞きながら、興味津々な面持で「私も終始行きたかったのよ!でもどこにあるのか余程分からなかったし、可愛いわね。
」と、結構羨ましみたいに言っていました。
と言うことで、現在お母さんに全然親孝行していなかった私は我が家のクルマで、前日朝からその巨大なアウトレットモールへお母さんを連れて行ってあげました。
因みにお母さんのおあこがれはホビーで熱を入れておるテニス関連のものです。
お母さんはクルマがモータープールに到着した途端から「手早く赴きましょ!」と酷い興奮が入っていました。
(笑)そして、設備内容を頼りに複数のスポーツ誘因店先へ入ったのですが、私の母、店先に混ざる度に「なるほど、こちら可愛いじゃない!え、安い!」と言ってハシャイデいました。
その身だしなみを見て正に私は「こんなにも喜んでもらえるんだ。
結構行きたかったんだな」と想うと共に、「まぁ時間は沢山あるから落ち着いて」と、微笑みながら注意してしまいました。
そして母は昨日の一日で計1万円ほどしか遣っていないのに、15職場ものグッズを上手に購入していました。
案の定買い物のスペシャリストだ。
(笑)帰りがけ母は「せっかくの休日に付き合わせて悪かったわね。
でも有難うね!」と、凄まじく嬉しそうに言ってくれました。
逆に私もこういう嬉しそうなお母さんの面持が見れて嬉しかったです。
またこういった機会があれば連れて行ってあげたいと思います。
上記、前日私がお母さんをアウトレットモールへ連れ行ってあげた解説でした。